JPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care) は、日本救急医学会の「病院前救護における外傷教育に関する検討会」(通称「PTEC検討会」)において検討された病院前救護外傷教育の標準プログラムです。
プレホスピタル外傷研究会によるPTCJやBTLS-Japan(現ITLS-JAPAN)によるBTLS basicを統合し、2003年6月26日にJPTECとして産声をあげました。医師を対象とした外傷診療研修コースJATEC(Japan Advanced Trauma Evaluation and Care)と整合を保っています。

-新型コロナウイルスの拡大に伴うJPTEC中部の対応- 
現在、新型コロナウイルスの拡大により各地のコースが中止されています。コースが再開できる見通しがたちましたら、あらためてホームページでご案内いたします。
また、現在保有しているJPTEC資格については、今回の事態を鑑み有効期間の延長が認められる予定ですが、対象者、申請時期、申請方法など詳細については、新型コロナウイルス感染症の収束の見込みがたたないことから未定となっており、JPTEC中部でも特例による資格延長申請を受け付けておりません。詳細が決定し次第、ホームページでご案内いたします。

-インストラクター資格の特例措置について 2020/5/30掲載-
2020年2月29日時点で,インストラクター資格が有効であった者は,指定地域組織の代表が定めるコースが適正に開催できると判断した日(x-day)から起算して6か月を経過した日の月末までの間にインストラクター資格の資格有効期限の満了日を迎える場合は,指導歴が更新要件を満たしていなくても,イントラ更新申請ができる.
JPTEC中部のインストラクターで、webシステムの「更新申請ボタン」が出現されず更新申請ができない方の申請は「窓口」のページの「新型コロナウイルス拡大防止に関するイントラ特例申請」からお願いします.
 協議会決定事項
 本件に係る Q&Aインストラクター編

-プレインストラクター資格の特例措置について 2020/6/8掲載-
2020年2月29日時点で、プレインストラクター資格、プロバイダー資格がともに有効であった者は、指定地域組織の代表が定めるコースが適正に開催できると判断した日(x-day)から6か月を経過した日の月末まで、コースで指導することができ、コース終了日の月末を基準日として、プレインストラクター資格を1年延長する。
 協議会理事会決定事項
 本件に係る Q&Aプレインストラクター編

-プロバイダー資格の特例措置について 2020/6/8掲載-
2020年2月29日にプロバイダー資格が有効であった者は、指定地域組織の代表が定めるコースが適正に開催できると判断した日(x-day)から6か月を経過した日の月末まで、更新コースを受講できる。
 協議会理事会決定事項
 本件に係る Q&Aプロバイダー編

-JPTEC中部のx-dayについて 2020/6/8掲載-
通常通りコースが開催できないため、未定となっています。